<< 今年2群目の分蜂 | main | 一年目の奇跡か? >>

悲惨な出来事

2014.05.21 Wednesday
お寺の縁の下に造ったニホンミツバチの巣の捕獲を依頼され出かけました
現場に着いてみると巣門の出入り口が白紙が張られているでわありませんか?
御庫裡さんに聞くと、日曜日に休みで、学校の先生をしている和尚さんが殺虫剤をかけて殺し蓋をした
との事で、愕然!
畳をめくり縁板を開けて除いて見るとと死骸の山 悲惨な出来事です
人間にとって何の害も与えることの無い益虫生物を無残な殺害をする
こんな事が無意識のうちにされて良いのだろうかと思う
ミツバチという益昆虫の生態を良くわかっていないのか、
ミツバチも、人を襲うスズメバチも、同ハチとしか考えていないのか・・・・・・?

まあ〜それ以前の問題で、教師であり仏門にある身において生物を自分の都合だけで殺傷
する事に???を感じる次第ですね

自然保護を目的として活動している我々にはショッキングな出来事でした。

 
|-|comments(1)trackbacks(0)|-|-|by のん太
コメント
なんとも、、、悔しいですねぇ。
アインシュタインが言っています。
「蜜蜂が絶滅したら人類は4年で滅ぶ」と、、、
|みつばちらいふ|2015/02/21 1:47 AM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 

プロフィール  
サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ リンク モバイル
qrcode
Others ムームードメイン
    

ページの先頭へ