<< 昨年は猛暑で今年はアカリンダニ | main |

アカリンダニ駆除

2014.10.22 Wednesday
DSCF2736.JPG
蟻酸40%液によるアカリンダニ駆除を実施しました
穴あけ容器に蟻酸40%液20ccを注入蓋をして箱の床面に置き巣門を
閉めて越冬に近い状態です

DSCF2737.JPG
DSCF2738.JPG

ここに本文を記入してください。

 
|-|comments(2)trackbacks(0)|-|-|by のん太
コメント
有難うございます、参考にします。
|のん太|2014/11/02 10:10 PM|
初めましてです、
なぜか途中でコメントが消えてしまい3回目の投稿です。
アカリンダニ特有の舞えない蜂が巣門から放射状に離れていきますか?
良く見ますとした羽の閉じれぬ蜂が見られますか?
富永さんが進めている40パーの濃度の蟻酸では感染末期では効果が薄くなります。
すでに感染確実な群れでは50パーを超えた濃度でないと復活できません。
それからタッバの穴が少なすぎです、これでは20日過ぎても蒸発しませんので早急に対応が必要です。
私は昨年から蟻酸投与を試験的に行い、良い検証結果を得ています。
blogからカテゴリのアカリンダニを選択し、参考にしてください。
早い復活を祈ります。
86net|2014/10/31 2:57 PM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 

プロフィール  
サイト内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ リンク モバイル
qrcode
Others ムームードメイン
    

ページの先頭へ